金沢工業大学様の Astra Manager 活用術

ダイナミックなマーケットの動きと最新のデータ分析

QUICKで「活きた」企業価値の評価を

jirei03_img1

「ABUアジア・太平洋ロボットコンテスト2013優勝」「面倒見が良い大学ランキング10年連続1位」など、さまざまな顔を持つ金沢工業大学。この10年以上就職率100%を誇るという情報フロンティア学部経営情報学科では4月の建物のリノベーションに合わせ、QUICKのAstra Managerを新たに導入する。熊井泰明教授は前職の証券会社で調査部長を務めており、QUICKのサービスで日々のマーケットをウオッチしていた。Astra Managerはリアルタイムのマーケット情報と、企業財務をはじめとした信頼性の高いデータベースを提供するサービス。熊井教授はAstra Managerを利用して「活きた」企業価値評価を学生たちに伝えたいと、新学期に向けた抱負を語る。

jirei03_img2

「良い企業」を知るには、マーケットの動きやニュースから

jirei03_ph1  熊井泰明教授

財務データなどから企業価値を評価し、「良い企業」とはどういうものか、企業の本来価値と株価のギャップがなぜ生じるのか、などを変化するマーケットとともに考えたい。学生たちは、例えば日銀が発表した金融政策が景気にどのような影響を与えているのか、企業が赤字決算を発表しても倒産しないのはなぜかなど、ニュースとミクロやマクロの経済の関係が結びついていないことが多い。そもそも株価は何を表しているのかを、十分には理解していない。まずはAstra Managerでマーケットのダイナミックな動きやニュースに触れさせたい。

最新の財務データを手軽に分析

これまで財務データは上場企業のデータを収納したCD-ROMから入手していた。過去のデータであるため、「いま」起こっている企業の活動に対して、マーケットがどう反応し、経済にどのように影響しているのか、学生たちに説明するには物足りなさを感じていた。Astra Managerは最新の財務データがそろっているうえ、経済的付加価値(EVA)やディスカウントキャッシュフロー(DCF)の分析、上位企業からグループ化して検証する分位別バックテストなどが手軽にできる。最新情報の入手には企業のホームページに掲載された有価証券報告書を印刷して入力という作業から解放されるうえ、企業活動をさまざまな視点から深く検証することができそうだ。

就職活動も必須、企業を選ぶ目を育成

学生たちの活字離れには拍車がかかっているが、インターネットを日々駆使しているだけに、ディスプレイを通したデータの収集には、むしろ心理的な抵抗感は少ないのではないか。大学の気風としてモノづくりを重視し、それに対して政治や経済を軽視するきらいがある。ただ、製造業でも為替や原油価格をはじめマーケットや経済の動向に敏感であることは必須だ。就職活動をするうえでも、良い企業を見極めることが必要で、過去のデータでは正しく企業を評価できない。Astra Managerの豊富なデータを眺めて分析することで、想像力を膨らませ楽しみながら企業を選ぶ目を育てて欲しい。

jirei03_cap1

レポート機能では、企業財務データの他、マクロ経済指標や各種インデックス、商品市況などのヒストリカルデータをExcelで高速にデータ取得できる。

jirei03_cap2

PERや増益率などの投資指標が株価予測に有効かどうか検証するため、任意の銘柄グループを投資指標の高低でいくつかのグループに分割してポートフォリオ(分位別ポートフォリオ)を作成し、指定した分析期間においてリターンを計測する。

導入大学プロフィール

1965年、「人間形成・技術革新・産学協同」を建学綱領として開学した。学部と大学院があり、学部は4学部14学科。経営関連の学部は1966年に新設された経営工学科に遡り長期の歴史がある。情報フロンティア学部経営情報学科の前身、情報マネジメント学科は2004年に新設。2012年のリニューアルで現在の名称になった。学生の満足度を高めるためPDCAサイクルを活用しており、「夢考房」「24時間365日オープンの自習室」をはじめとした施設やシステムを提供し、「年間300日活動できるキャンパスを実現」。大学通信(東京・千代田)が調査した「面倒見が良い大学ランキング2014」で、調査開始以来10年連続で1位となった。

大学名 金沢工業大学 略称 K.I.T
学長 石川 憲一 開校 1965年
学部学生数 6,909名 就職率 98.8%(2013年度)
所在地 石川県野々市市扇が丘7-1(扇が丘メインキャンパス)

金沢工業大学のホームぺージはこちら