事業法人向け経理・財務セミナー「なぜ今、日本企業がグローバル資金管理を導入するのか?」を開催しました

株式会社QUICKは9月4日、SCSK株式会社と共催で、事業法人の経理・財務業務に携わるお客さまを対象に「なぜ今、日本企業がグローバル資金管理を導入するのか?」と題するセミナーを開催しました。

スイフト・ジャパン株式会社クラウドサービス アジア太平洋地区 ディレクター 助川直史氏に、具体的な事例をもとにグローバル資金管理(CMS)のメリットについてご説明いただきました。続いて、住友商事グローバルリサーチ株式会社 経済部長 チーフエコノミスト 本間隆行氏からは、海外マクロ経済や為替動向の注目点について分かりやすく解説していただきました。

さらに、SCSKから「グローバル資金管理システムの活用事例」と題して、オンプレミスで導入費用が高価だったグローバルCMSが、より安価なクラウドサービスで利用できるようになったこと、グローバル資金の本部一括管理の有効性などについてお伝えしました。QUICKはグローバルCMSのような各種サービスに容易にデータを取り込めるクラウド型の「QUICK APIs」をご案内。両社のソリューションを組み合わせることで、一段の業務効率化が図れることもご紹介しました。

また、会場内に展示した為替や金利レートを財務・資金管理システムに自動的に反映するサービス「QUICK APIs for SCSK TreasuryStream」に対して高い関心が寄せられ、マーケットレートを定期的に入力する業務の自動化策について熱心に質問する参加者の姿が見られました。

【開催概要】
日 時 : 9月4日(火)16時00分~19時00分
場 所 : 株式会社QUICK 「QUICK Square(クイックスクエア)」(本社14F)
講 師 : スイフト・ジャパン株式会社 クラウドサービス アジア太平洋地区 ディレクター 助川直史氏
住友商事グローバルリサーチ株式会社 経済部長 チーフエコノミスト 本間隆行氏

▼助川直史氏による講演の様子

 

 

 

 

 

 

 

 

▼本間隆行氏による講演の様子