第88回証券経済学会全国大会に協賛しました

QUICKは創価大学で6月16日、17日に開催された第88回証券経済学会全国大会に協賛しました。

2日間の自由討論では計12のテーマで研究内容の報告があり、活発な議論が展開されました。特別講演では「金融政策の課題と展望」と題し、元日本銀行政策委員会審議委員の佐藤健裕氏が講演しました。2日目最後のプログラムでは今大会の共通論題である「投資型クラウドファンディング(CF)の新たな展開」をテーマに、株式会社マクアケ、DANベンチャーキャピタル、ビットリアルティ株式会社の代表者がパネリストとして登壇し、前半は各社の購入型CF、株式投資家型CF、不動産投資型CFの内容と事業の取り組みを紹介、後半のパネルディスカッションでは会場の参加者から質問を受けました。

協賛会社のブースでは、QUICK FactSet WorkstationのデータベースやQUICK Workstation Astra Managerパッケージを紹介しました。

「購入型クラウドファンディングの資金調達と情報開示に関する分析」を論題に自由討論で報告する姜 理恵氏(光産業創成大学院大学准教授)