日本経営財務研究学会第42回全国大会に協賛しました

QUICKは10月6日~7日、一橋大学で開催された日本経営財務研究学会第42回全国大会に協賛しました。

大会初日は「Fintechとファイナンス研究の未来」をテーマにしたパネルディスカッションと花枝英樹一橋大学名誉教授による「経営財務研究の変遷」と題した会長講演、2日目は特別セッションとして、クラウドファンディングをテーマにしたパネルディスカッションが行われました。

2日間で経営財務研究に関する16セッション、39の自由論題報告があり、報告者と聴講者の間で活発な質疑応答が交わされました。

自由論題では、創価大学経済学部安武妙子講師より「日本企業における株主優待の実施の目的-サーベイ調査」と題し、上場会社に対する株主優待の実施目的のアンケート調査結果や、株主優待の実施と上場審査基準の株主数に関連性があるという報告がありました。

QUICKはQUICK FactSet WorkstationのデータベースやQUICK Workstation Astra Managerパッケージを紹介しました。

【開催概要】
・日時:2018年10月6日~7日
・会場:一橋大学
・主催:日本経営財務研究学会

「日本企業における株主優待の実施の目的-サーベイ調査」をテーマに報告する創価大学の安武妙子経済学部講師と聴講者の様子